園のお知らせ

  • «
  • »
  • 12月のお知らせ

    【みことば】 マタイによる福音第1章

    「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。

    イエスの誕生によって神さまがいつも私たちのそばにいてくださることを示されました。子どもたちがいつも神さまの愛を感じることができますように祈ります。(理事長 瀧野正三郎神父)

     

    町はクリスマスのシーズンに入り、きれいなイルミネーションの飾りつけなど賑やかになってきましたが、教会ではクリスマスまでの4週間を“待降節”と呼び、イエスさまがお生まれになるまでの間、心の準備をします。自分にできることを頑張ったり、周りの人を大切にしたり、静かに祈ったりします。お部屋でも毎日、ろうそくに火を灯し、一日を振り返り、お祈りをしています。また、各学年のクリスマス会の取り組みを通して、神さまの存在に気付き、感謝の心を持ったり、自分の役割を果たす経験をしています。C組は初めてステージでの表現になりますが、自分の身体、五感を通して今できることをテーマに取り組みが始まりました。B組は、旧約の時代のお話“ノアの方舟”を各幕ごとに体験し、自分のやりたい幕を選んでいます。A組の聖劇もやっと配役が決まりそうです。何日もかかってみんなで聖劇をするには自分はどうしたらよいかを考えています。また、子育て講座で詳しくお伝えしますので是非いらしてください。(園長 井上美幸)

    【12月の予定】

    1日(木)給食参観⑦

    5日(月)子育て講座 9:15~10:30

    13日(火)総練習(A組)

    14日(水) 〃 (B組)

    15日(木) 〃 (C組)

    16日(金)お弁当最終日

    19日(月)午前保育開始

    20日(火)クリスマス会

    21日(水)終業式

    22日(木)おもちつき

    23日(金)クリスマス同窓会 10:00~11:30

     

    このページの一番上へ